• 介護施設の経営について

    介護施設を経営するうえで、各職種の機能を十分に発揮するために、他の専門職種との兼務、介護施設の附属設備、備品などの管理や営繕などを多職種協働で連携しながら、役割を分担することが大切です。

    教えて!gooについての情報を提供しています。

    また、老人ホームの入居者や在宅福祉サービスの利用者に対するリハビリテーション、老人ホームなど職員の育成と福祉サービスの質の向上のための職場内教育の実施などがあり、付帯する役割は広がります。



    このことは当然、サービスを受ける老人ホームの入所者や在宅福祉サービスの利用者の生活の質の向上につながります。
    介護施設を経営する中で、老人ホームなどの設備は、建物のほかにボイラー、エレベーター、電気設備など広範囲にわたります。


    これらの営繕や管理を専門的に行う職種の配置は、老人ホームなどの職員配置からみて、免許を必要とするボイラーの取り扱いの場合やデイサービスでの非常勤の運転手以外はないです。



    しかし、誰かが分担して日々の管理と正常な状態を保障しなければ、たちまちサービスに支障が生じ、場合によっては生命や経営にかかわることになります。
    施設の運営努力によって専任の職員や一部を業者に委託して管理者を配置しているところもありますが、多くは兼務職で営繕や管理などの業務を行っています。
    生活相談員や事務員は、営繕や管理などの業務を一部又は全般にわたって担当することがあります。


    施設によって様々ですが、担当者の技量の範囲で分担されます。

  • 知っておきたい常識

    • 高齢化の時代を受けて、保養所や旅館を特別養護老人ホームへ変更する動きが増えています。チャレンジ精神をきちんと貫くことにより、介護分野に関するビジネスがわかります。...

  • 福祉入門

    • 介護保険制度が導入され16年がたちました。制度とともにデイサービスやグループホームなど介護事業所が沢山できて、介護をビジネススタイルで捉える向きもありましたが、やがてその競争から蹴落とされるように閉鎖を余儀なくされる事例も増えています。...

  • いまどきの福祉

    • 介護ビジネスは高齢化社会を受けて各段に広がっている内容であり、経営が軌道に乗るまでは予算の配分をきちんと実行する事柄が必要です。人材を豊かにすることは素質を見抜ける内容へつながっていき、介護に関する経営を良好な関係にすることにつながります。...

  • 大人の常識

    • 介護は高齢化社会の現代において非常に重要な問題です。そのため需要も高くこれから先も需要が絶えることはありません。...